臨床検査所で、日々、バイ菌達と格闘。仕事に追われながらも、お気楽道を究めようと迷走するぽちのおもしろくせつない雑記録です。暖かいご声援をお願いしますね。
文:田中 保知(ぽち)
ご感想や、お便りはこちらからどうぞ!!

あけましておめでとうございます 2006年01月01日(日)  No.022
最近は時間の流れがとても速くなったような気がします。もちろん”体感速度”として、ですけれど。早いもので、愛・地球博の2005年はあっという間に過ぎ去り、トリノオリンピック、サッカーワールドカップの2006年が明けました。皆さん、良いお正月をお迎えでしょうか?今年がよい一年になりますようにと願っております。

さて、本来なら昨日の大晦日あたりにこういう記事を書いて投稿するのが状況的にはぴったりするんだろうと思うのですが、ついつい年越しのイベントに熱中(?)してしまってディスプレイに向かいそびれました。最後までだらしない1年だったなぁ、とちょっと反省しているところですが、気合いを入れ直して…「こういう記事」っていうのは「今年1年を振り返って」ということです。もう今の時点では「昨年1年」となってしまいましたが、幾つかのテーマで簡単に振り返ってみようと思います。

1.仕事のこと

去年のボクの仕事環境は、それ以前に比べて極端に雑用仕事が多くなりました。それは雑用仕事を一手に引き受けてくれていたグループリーダー(係長さんのこと)が異動してしまったせいで、仕事の細かなところがわかる人がいなくなっちゃったからです。でもおかげでボクは、自分の担当業務のまわりにある「雑用」にどんなものがどれくらいあるのか、ということが以前よりずっとよくわかるようになった気がします。

今年もまたさらに仕事は増加していく見通しですが、去年よりもう一歩先へ進められるような希望的な見通しでいます。

2.音楽のこと

去年の2月に、ボクはそれまで在籍していた某大手ゴスペル団体を退会しました。経緯については特に語るものはないんだけど、この活動に費やしていた時間の一部を自分の好きな(聴きたい)音楽を聴きに行く時間に振り替えることができたので、それ以前に比べてずっとたくさんのライブ/ライブハウスに足を運ぶことができるようになりました。

一番なじみなのはパラダイスカフェ21(今池)で、ここでは2ヶ月に1回、アカペラパラダイス(通称アカパラ)というのがあります。去年は念願かなって(不意の仕事に潰されることなしに!)全てのアカパラに出かけることができました。

この他にはアイランドカフェ(岐阜)、ノリタケの森(ライブハウスじゃないけどさ)、Blue Note Nagoya(栄)などにもしばしば出かけています。アイランドカフェはマスター&ママさんが好きなミュージシャンに声をかけて出演してもらうという不定期のライブをやっているんだけど、ここはもうホントにものすごく心地よい音楽空間…ボクのもっともお気に入りのお店です。

それから、ウエストダーツクラブ(藤ヶ丘)、蔵(岐阜)など、今までに行ったことのないライブハウスにも出かけることができて、徐々に遊び場が広がっているってところです。このまま今年も去年以上にいろいろなライブに出かけていけるようにしたいなぁ、と思っています。

3.読書のこと

ボクのうちから徒歩5分程度のところに公立図書館があります。以前は行ったり行かなかったりで、あまりコンスタントに利用しているという感じじゃなかったんだけど、去年の後半は月に2回以上は必ず利用しています…ボクが手に取るのはエンタテインメントものばかりですが、以前から名前は知っていたけれど読んだことのなかった著者の作品をいくつか読み、馴染み、嵌り始めました。荻原浩、恩田陸、吉村達也、山田智彦、山崎光夫、江波戸哲夫…いろいろな作家の作品を、特に予備知識もなく手にとって読んでいるだけですが、気に入った作家のものはたくさん読み続けるし、特に響くものがないときにはまた次の機会になにか出会えるのをまつ、という感じで、作家にこだわりを持たずに読んでいるつもりなんですが、今一番嵌っているのは「宮部みゆき」作品。

以前に模倣犯が週刊誌(週刊ポスト?)に連載されていた頃に少しさわりを読んだことがあったんだけど、あまりに長編になってきたので読み続けられなくて(途中が飛ぶとわからなくなっちゃうんだもん)、「本にまとまったら読もう」と思っていたのですが、まとまった本の分厚さにぶっ飛んで恐れをなし読む気力を持てず(苦笑)、図書館の本棚の「み(やべみゆき)」のあたりには寄らないようにしていたのでした。

だけどある時たまたま宮部作品のちょっとした短編を手に取り読み切ったところから、少しその恐れみたいなものが失せたのか、短編集、中編、長編と徐々に「宮部みゆき度」を上げてきて、この年末年始には遂に課題図書「模倣犯」を借りてきたのでした…食わず嫌いという言葉がありますが、ただ長編だと言うだけで避けていたのがモッタイナイくらい…現在むさぼるように読み進んでいるところです。

文学などといって難しそうに語るようなものはボクには持ち合わせがありませんが、自分の持ってるイメージ、先入観みたいなものにとらわれすぎないで、そういう思いこみみたいなものを少し横にのけておいて、今年こそはもっともっといろいろなジャンルの作品を、気の向くままに「おきらく読書」しようと思っています。

4.blogのこと

去年の5月の連休あたりからblogをつけ始めました…つけ始めた、っていうのは、最初の目的が「日ごとの仕事のメモ・記録を残しておく」ということだったからなんですが、あっというまに"落書き帳"となりました。それこそあれもこれも、ごった煮になっています。なるべくその日その日に付けようと思いながら、仕事がたて込んだり、飲み会に出かけたりしたときはあと出しで書いたりしていますので、日記というのとはちょっと違うけど、とりあえずその日の話題を書くようにしよう、とは思っています。そういうテキトーなやり方だからだと思うんだけど、始めてから今日に至るまで、とりあえず毎日なにかしら書き残すことができました(中身の質にはいろいろと問題はあるんだろうと思うけど)。

最初の目的とはちょっと違うスタイルになってきているような気がするんだけど、でも今年もこのまま書き続けていけるように(そして、なるべくその日ごとにちゃんと書けるように!)頑張ってみるつもりです。

5.ぽちの雑記帳のこと

ボクのblogとこの「ぽちの雑記帳@はり院やわらぎ」の両方を知っている友人は「あれ(blog)くらいマメにこれ(雑記帳)も書いたらいいのに…」といいます。実際、ボクもそうは思っているのです。blogもここも、ろくでもないことばっかり書いているんだから、あれこれ構えずに気楽に(開き直って?)「雑記」すればいい、と思うんだけど、でも結局、なんだかそうできないままに去年を終わってしまったのでした。

なので、今年はちょっとくだけた雑談ばかりになるかもしれないけれど、この雑記帳をもう少しこまめに書くように頑張ってみようと思います。blogとダブるネタもあるかもしれないし、blogの焼き直しをしてるところもあるかもしれないけれど、どうかご容赦くださいまし。

ここに初めてかいた「雑記」は2003年1月1日付け No.001 -Prologue- でした。3年前に自分が書いたものを読み直し、あらためてその時の気持ちー初心ーに返ろうと思います。またご愛読いただければ幸いです。

今年もどうかよろしくお願いいたします!


ぽち

   
 
鍼灸についてのご質問、健康や悩み相談などはもちろん、このサイトへのご意見・ご感想などもこちらからどうぞ。 こちらは皆さんの歓談室です。初めての方も気軽に書き込みして下さいね。尚、未承諾広告宣伝の類はお断り致します。
はり院やわらぎ&漢方はり治療とは?初めての方はこちらからどうぞ
鍼灸に関する質問と回答例。お問い合わせ戴く前にこちらをご覧下さい
やわらぎとご縁のあるサイトをご紹介させていただきます
◆連載コラム:[やわらぎ日和][良樹細根][それでええがね][ぽちの雑記帳][茶ぃなたいむ
〒496-0901 愛知県愛西市佐屋町堤西12-13
電話:0567-27-0315
eMail:post@yawaragi.info